img_02

イレブンカットはフランチャイズにも力を入れている


髪を整えるのは、自分では難しいです。
結ぶのは自分ひとりで出来ますが、
カットするのは本当に難しいです。
鏡を見ても、頭頂部や後頭部は見えませんので、
必ず誰かにやってもらわないといけません。
素人がやると、定規で切ったように平行に揃えられるか、
10円のハゲ玉のようになってしまうかもしれません。
髪結いの仕事はそう簡単にはなくならないと言えます。

しかし、床屋や美容室は供給過多だと言われています。
正直、コンビニ数より多いかもしれません。
1kmの通りに20件近い美容室が並んでいることもあります。
今や美容室の群雄割拠です。
何か際立った戦略を練らないと、生き残るのは難しいと言えます。

そこでイレブンカットのフランチャイズを利用するという手があります。
経営難で潰れるくらいなら、
大手の技術を借りて生き残るのは必然と言えるかもしれません。
イレブンカットの技術と経営戦略はかなり評判が良く、
既に79件もの店舗がフランチャイズ化しています。
直営が102なので、これはかなりの比率と言えそうです。

イレブンカットの経営戦略はとても独特です。
美容室の常識をことごとく覆しています。
「低料金」「短時間」「予約不要」という、
までの常識が全く通用しない美容室を経営しています。
この3つの特色は、非常に需要にマッチしていると言えます。
出来るだけ少ない料金で、出来るだけ短い時間で、
気が向いた時に通えると、
お客の間でイレブンカットはかなり評判になっています。

今ある自店をフランチャイズ化するのも良いですが、
投資感覚で一から始めるのもオススメです。
イレブンカットは独自のマーケティング技術で、
どこに店舗を建てれば満足いく集客ができるかリサーチしています。
こうした技術が優れているからこそ、
79件ものフランチャイズ化を叶えてきたのだと思います。
20~30坪程度の敷地があれば、
イレブンカットにフランチャイズをお願いすることが出来ます。
駐車場は8台以上、幹線道路に隣接した生活道路など、
色々な条件がありますので、
色々とイレブンカットに相談してみてください。